ビジネスメールの作法

ビジネスメールの基本

ビジネス上でのメールでのお礼

皆さんは、ビジネス上において、相手側にお礼を言う機会はありますでしょうか。その際、本来であれば、実際にお会いした時にお礼を言うのが、一番失礼もなく、綺麗な形ではあるとは思いますが、近年の情報ツールの発達により、メールを利用しておっしゃる方も増えてきています。少し前までは、ビジネス上における礼については、メールはそっけなく失礼とされていましたが、送る時間帯や文章の長さなどを意識すれば、失礼にはあたりません。送る時間帯は、次の日の朝方あたり、文章は長々とするのではなく、言いたいことを手短に。この2点がおおまかな作法になると思います。

仕事のメールの基本的なマナー

ビジネスメールの基本的なマナーとして挙げられるのが、読み手の事を考えるという事です。そこで、本文の内容を件名だけでわかるようにしましょう。本文の内容がわからない件名では、開封するのが後回しにされる可能性があります。きちんと開封してもらえるように、本文の内容がわかるような件名をつけるよう、意識しましょう。また、書式を整える事もビジネスメールの基本的なマナーとなります。書式が整えられていなければ、どうしても読みにくくなってしまいます。読み手の事を考えるのであれば、書式を整えるのは当然の事と言えるでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ビジネスメールの常識 All rights reserved