ビジネスメールの挨拶

ビジネスメールの常識

ビジネスのメールで必要なこと

ビジネスでメールで挨拶をする機会は大変多くあります。ビジネスでは友達とは違い、どんな内容でも許されるわけではありません。もちろん、上司、お客様に対しては失礼が無いメールを送る必要があります。必要であることは、前置きの挨拶は必ず入れましょう。そして、文末には名前と企業名は入れて下さい。これは社会の常識でありますので、それらを抜くと常識が無いと思われ、印象もとても悪くなります。社会だけではなく、目上の方にも使うと印象が良くなります。当たり前を当たり前にこなすことで社会に適用するようになりますので見えない相手なので余計に神経を使うようにしましょう。

仕事のメールの秘技とは

ビジネスメールと聞くと、堅苦しい挨拶や定型の文書などをイメージしますよね。しかし、全てのビジネスメールを、そのようにしなくてはいけないというルールはないのです。むしろ、相手を無視するような印象を与えてしまいかねません。フレンドリーな内容に対して、カチコチな内容で返信すると、心を開いてくれている相手も興ざめしてしまいます。相手の言葉の調子や、言い回しを真似て、やり取りする事によって親近感を持ってもらえること間違いありません。相手を模倣する事は、自分を受け入れてくれていると思わせることが出来ます。どのような言い回しをしているのかを文面を見て研究するといいかもしれませんね。

↑PAGE TOP

Copyright © ビジネスメールの常識 All rights reserved